茅ヶ崎・藤沢・平塚・寒川・鎌倉の木造注文住宅

土地の価格が上がっています… 

みなさまこんにちは。チカヤマです。

一昨日の新聞で2022年の都道府県地価調査について発表されていました。

全国的に住宅地は31年ぶりの上昇との事です。

なかでも・・・

『湘南エリアの茅ケ崎市』と名指しで土地価格が上昇傾向と報じられています。

 

実際に、お客様の土地を探していても、価格の上昇はひしひしと感じておりまして、数年前と比較して1000万以上!上がっているエリアもあったりします。

ウッドショックに端を発した建築価格の上昇ともあいまって、注文住宅の建築については以前よりハードルがあがってきていると感じます。

 

そんな中でも、家づくりをなるべく無理のないご予算で進めていただけるようご提案をしておりますが、ポイントは2つです。

1)変形地や旗竿地をチェックしてみる

素直に四角い土地、日当たりの良い土地は当然価格もそれなりですが、同じエリアでも変形したような土地や、細い通路で道路に接している旗竿地などは、比較的お求めやすい価格設定がされています。

土地のマイナスポイントをカバーできるのが自由設計の面白さです。これまでもたくさんの実績がありますので、土地の形だけで判断せず、建物で工夫してはいかがでしょうか。

あわせて、茅ヶ崎市内だけでなく、少し視野を広げてみることもお勧めしています。

これまでにもお隣の寒川町や、平塚市で素敵な物件が見つかった事例はいくつもありますので、茅ケ崎市にこだわらずに選択肢を増やしてみるのも良いかと思います。

 

2)家のサイズを見直してみる

建物の価格は大きさに比例します。一般的には延べ床面積で30坪(約100㎡)くらいが平均的な広さですが、プランによってはもっと小さくまとめることも可能です。

いま、公開中の今宿モデルハウスは、延べ床面積27坪(約90.5㎡)です。

3坪(6帖)違うだけで家の価格としては150万以上の差額が生じますが、決して狭さを感じない空間ができています。

廊下を極力なくしたり、階段下のスペースを有効活用することで、面積以上の広がりを感じていただけますので、ご興味のある方はこの機会にぜひ足を運んでみてください。

予約制ですので、事前のご予約をお願いいたします。ご来場お待ちしております!

 

~ 茅ヶ崎・藤沢・平塚・鎌倉・湘南エリアで、叶う『憧れのデザイン×上質なオンリーワン』の住まい ~
茅ヶ崎・湘南の家づくりは DAIKATSU まで