茅ヶ崎・藤沢・平塚・寒川・鎌倉の木造注文住宅

夏本番。暑くなってきました。シーリングファンあれこれ。


今年は例年より早い梅雨明けで、いよいよ夏本番ですね。

夏と言えば、毎年恒例の地引網(といってもずいぶん前の話ですが)を5月27日に開催しました。


今年は昨年より多くのご参加をいただき、総勢240名で初夏の一日を楽しみました。


毎年天候には恵まれます。


みんなで力を合わせて


まずまずの釣果です。


恒例のビーさん飛ばし大会は子供の部、大人の部に分かれて。

大人気の宝探し大会。今年は大人の部もたくさんご参加いただきました。


魚とお土産をお配りしました。来年も来てくださいね。

久しぶりにお会いするお客様もたくさんいらっしゃいました。

お子様の成長ぶりも見れて、私たちも楽しませていただいています。来年もぜひ、たくさんのご参加をお待ちしております。

さて、夏と言えば気になるのがリビングの過ごしやすさです。

最近、2階リビングのお家が増えてきましたが、1階に比べて『暑い』というイメージを持たれることも多いと思います。

実際のところ、比較すれば1階よりも2階の方が暑くはなりますが、ポイントを押さえれば快適なリビングになります。

①断熱材の性能:当社ではフォームライトSLと発泡ウレタンの断熱材を屋根面に施工しています。

②窓の配置:風の通りをよくする

③勾配天井にはシーリングファンがおすすめ、といったところです。

シーリングファンはインテリアとしての要素もありますが、実用性の高い装置です。

ファンを回すことにより、停滞した空気を撹拌して風の流れやエアコンの効きを良くしてくれます。

また、一般的にファンは両方向に回転するようになっていまして、夏は上から下に風を送って、風を体感できるようにし、

冬はファンを逆回転して風を下から上にあげるようにします。


こんなイメージです。電気代の節約にもなるとか。いいことずくめですね。

お好きなインテリアに合わせてタイプもいろいろです。


わりとよく見る、ベーシックな3枚羽根や


ちょっと変わったデザインの羽根もあったり


最近よく使っているのが、このクラシカルなデザインのタイプです。存在感があって個人的には好きな形です。


いま、工事中の現場では6枚羽タイプを採用。これはカッコいいです。そして6枚羽だけあって、パワーもあります。


こんなスタイリッシュなものもあったり、楽しいですね。

で、ちょっと心配なのが『羽根の掃除はどうするの?』という点ですが、ご安心ください。


最近はいい物ができてますね。いろんなタイプがあるようです。高いハシゴがなくてもお掃除できますよー。

2階リビングや吹き抜けをご検討の方はぜひ、お好みのファンをつけて快適な空間にされてはいかがでしょうか。