茅ヶ崎・藤沢・平塚・寒川・鎌倉の木造注文住宅

住宅ローン 〜住宅ローン商品と金利について①〜 茅ヶ崎市・藤沢市・平塚市・鎌倉市・寒川で家を建てる時に役立つ新築住宅コラム~

 

『住宅ローンの金利タイプ別メリット・デメリット』

茅ヶ崎市・藤沢市・平塚市・鎌倉市・寒川で新築注文住宅をご検討中の皆さん、こんにちは。
今回は、茅ヶ崎市・藤沢市・平塚市・鎌倉市・寒川で建てる場合の『住宅ローン』その中でも

『金利タイプの特徴とメリット・デメリット』についてお話ししたいと思います。

 

 

住宅ローンの金利タイプ

住宅ローンとは、住宅を購入、新築、増築、改築などをするために金融機関から受ける融資のことです。

数百万円~数千万円規模の資金を一括で用意するのが難しい方に向けて、

分割支払いを可能にするサービスとして誕生しました。

借入期間が長くなるほど、金利(借りている額に対して支払う利息の割合)が低くなるのが特徴です。

住宅ローンは長期間にわたる返済を前提としているため、契約ごとに金利を定めています。

住宅ローンは各サービスに、基準金利を一定割合引き下げることで

「適用金利」を決めています。適用金利は、借入する機関によって異なるのが一般的です。

金利タイプは大きく分けて「固定金利」と「変動金利」の2種類があります。

借入の全期間を通じて一律金利を引き下げるものや、

契約時に設定した期間中に金利を大幅に引き下げるものなど、さまざまなプランが用意されています。

今回から3回に分けて下記3タイプをご紹介します。

①全期間固定金利型
②変動金利型
③固定期間選択型

①全期間固定金利型

「全期間固定金利型」とは、すべての期間で一定の金利が適用される住宅ローンのことです。

ローンの契約者は、元本に加え、金利分を上乗せして月賦で返済していきます。

プラン契約時に決めた金利から変動することがないため、

完済までの返済計画が設計しやすくなっています。

他のタイプより金利が高く定められているのが特徴です。

金利は借り入れする銀行により違いがあるので、事前に確認しましょう。

 

また、段階的に金利が上がっていくプランもあります。

この場合でも全期間において、金利が変動することはありません。

上昇する金利幅はあらかじめ決められており、返済期間中でも常に一定になっています。

住宅ローンのプランで、全期間固定金利型を利用している方は多くありません。

国土交通省の「平成29年度住宅市場動向調査報告書」によると、

全期間固定金利型(10年以上)を利用している方は

全体の1割にとどまっています。10年以下になると、ほとんど利用されなくなります。

参考:国土交通省|平成30年度住宅市場動向調査報告書

 

全期間固定金利型の金利適用期間

「全期間固定金利型」の金利は、完済までのすべての期間に適用されます。

そのため急激な為替変動があったとしても、支払金額に影響を与えることはありません。

出産や子供の進学など、ライフステージの変化があった時でも、安定した資産計画が立てられます。

全期間固定金利型のメリット

全期間固定金利型は、世の中の金利水準がどれだけ上昇しても、

金利が変動しないので返済額は変わらないことがメリットです。

金利の上昇の不安もなく、収支計画が立てやすいという面で安心感があります。

金利上昇時に大きな効果を発揮します。

 

全期間固定金利型のデメリット

全期間固定金利型は、変動金利より金利が高めに設定されています。

金利下降時には、変動金利より返済額が多くなるデメリットがあります。

 

長くなってしまいましたので、2回に分けさせていただきます。

次回は①変動金利と②固定期間選択型についてお話ししたいと思います。

 

多くの方は人生で初めての家づくり。

夢のマイホーム、何から始めていいのか・・と悩まれるのは当然のこと。

湘南地区の建設会社として地元茅ヶ崎で100年以上の実績を持つ大勝建設が

お客様にベストなご提案をさせて頂きます。

その他、大勝建設不動産部 ハウスドゥ茅ヶ崎店と連携し

土地探しからローンの組み方、理想のマイホームのご相談など

お客様の家づくりを全力でサポート致します。

お気軽にお問合せ下さい。

↓ ↓ ↓

 

お問合せフォーム

 ~ 茅ヶ崎・藤沢・平塚・鎌倉・湘南エリアで建物価格2000万円台で
『叶う憧れのデザイン×上質なオンリーワン』の住まいはD+PLUS ~