茅ヶ崎・藤沢・平塚・寒川・鎌倉の木造注文住宅

マイホーム、何歳で建てる?! 茅ヶ崎市・藤沢市・平塚市・鎌倉市・寒川で家を建てる時に役立つ新築住宅コラム~

マイホーム購入の年齢について

茅ヶ崎市・藤沢市・平塚市・鎌倉市・寒川で新築注文住宅をご検討中の皆さん、こんにちは。

これから新築戸建て、建て替えやリフォームを考えている方に

ちょっとためになるコラムをお届けします。

大勝建設の+DAIKATSUで注文住宅を建てられる方から

寄せられた疑問質問などを当コラムに載せていきます。

今回は「マイホーム購入の年齢」についてです。

 

マイホーム、何歳で建てる?!

マイホームを持つなら注文住宅で家を建てたいと考えていながらも、

貯蓄や収入、ローンのことを踏まえてベストな時期を模索中の方もいると思います。

それでは、一般的には、何歳頃に家を建てる人が多いのでしょうか?

家の購入は人生でも特に大きな買い物のひとつ。

今回はそんないろいろな視点から、失敗しないためにも

家を買うタイミングについてご紹介します。

統計データから見る、家を購入する年齢

国土交通省「平成29年度住宅市場動向調査報告書」によると、

初めて住宅を取得した方の年齢は30歳代が最も多いという結果になりました。

内訳を詳しく見ていくと、注文住宅、分譲戸建住宅、

分譲マンションの一次取得者は30 歳代が最も多く、

中古戸建住宅、中古マンションでは40歳代が最も多いということがわかります。

中でも注文住宅を購入する人の年齢の割合は30歳代が48.1%、

40歳代が26.6%、30歳未満10.5%、50歳代8.8%、60歳以上5.5%となっており、

平均年齢は39.5歳とされています。

住宅購入の世帯主平均年齢は38.6歳となっています。

 

30代でマイホームを建てる理由

 

初めて住宅を購入する方に30歳代が多い理由としては、

住宅ローンの完済年齢による影響が挙げられます。

住宅ローンには完済年齢が決まっており、金融機関によって異なりますが

75歳または80歳までと期限が設けられています。

住宅ローンを利用する人の多くは、住宅を購入した年齢から30年後以降にローンの返済が終わることになります。30歳で住宅ローンを組むと完済するのは60歳以降、

40歳で住宅ローンを組むと完済するのは70歳以降ということになります。

2025年にはすべての企業で、希望する人は65歳まで定年延長となりますが、

定年後も返済し続けることに不安を感じる人は多いと思います。

若いうちにマイホームを購入するとローンの

完済年齢が早くなり、老後の負担が少ない、というメリットがあります。

 

 

住宅ローン利用の完済時期を考えると、上記で説明したように若いうちに購入する方が良いといえます。

しかし、若いうちに十分な自己資金を貯めることは簡単ではなく、無理して住宅ローンを借りると、

返済額が大きくなり経済的な負担が増します。

自身の収入や貯蓄、ライフスタイルによってベストな住宅購入の時期は異なります。

 

マイホームを建てる際は、

自身のライフプランをしっかりと考え、できるだけ資金を貯めて、

無理のないローンを組むようにしましょう。

 

多くの方は人生で初めての家づくり。

夢のマイホーム、何から始めていいのか・・と悩まれるのは当然のこと。

湘南地区の建設会社として地元茅ヶ崎で100年以上の実績を持つ大勝建設が

お客様にベストなご提案をさせて頂きます。

その他、大勝建設不動産部と連携し

土地探しからローンの組み方、理想のマイホームのご相談など

お客様の家づくりを全力でサポート致します。

お気軽にお問合せ下さい。

 

↓ ↓ ↓

 

お問合せフォーム

 ~ 茅ヶ崎・藤沢・平塚・鎌倉・湘南エリアで建物価格1000万円台で
『叶う憧れのデザイン×上質なオンリーワン』の住まいは+DAIKATSU ~